コンテンツマーケティングをアウトソーシングすることで得られる3つのメリット

有用なコンテンツ公開することによって、潜在顧客の獲得や育成を行い、商品購入や問い合わせなどの行動につなげる「コンテンツマーケティング」。自社で内製化する場合のコストの高さに頭を悩ませているマーケティング担当者も多くおられるのではないでしょうか。

自社のサービスの有用性を効果的に顧客にリーチさせるには、アクセス解析・ライティング・SEOをはじめとする、たくさんの専門知識や作業が必要とされす。

そこで今回の記事では、そんなコンテンツマーケティングにおける負担を軽減させる「外注化(BPO)」について詳しく解説していきます。大切な部分だけを抽出し、完結に要点をまとめているので、ぜひ実践に活かしてみてください。

コンテンツマーケティングをアウトソーシングする3つのメリット

コンテンツマーケティングを成功へ導くためには、「各方面への専門知識」「時間・金銭的コスト」が必要不可欠ですが、アウトソーシングを活用することでそれらの課題をクリアできます。

それでは、アウトソーシングを活用することで得られるそれぞれのメリットについて解説します。

品質・専門性の高いコンテンツを製作できる

好きなことを好きなように書く個人ブログとは違い、マーケティングを目的とする場合では専門性の高い記事をコンスタントに発信し続けなくてはPVを伸ばすことができません。しかし、そのようなコンテンツを作成するには、専門知識のある人員が必要です。社内にそのような人材がいない、またはコンテンツ作成に不得手である場合、新たに専門知識を持つ人材を雇用し、コンテンツ作成のできる人材を育成するには時間とコストがかかってしまいます。

その場合、専門知識やノウハウのある外注先に任せると効率的に品質・専門性の高いコンテンツの作成が可能となります。

コストを削減できる

通常の企業運営では、不足した人員は採用により補填することが一般的ですが、コンテンツマーケティングの場合、必要とされる能力や期間などが限定的であるため、長期的な補償をつけて人件費を払い続けることはコストをかけすぎることになります。

外注化することで、コンテンツ作成のための専門知識を持つ人員をスポット的に活用することができるため、最終的なコスト削減につながります。

社内の業務が効率化される

コンテンツ作成には多くの工程と多方面への専門知識が必要です。コンテンツ作成を内製化すると、企画・調査・執筆・編集・公開・運用などに自社のリソースを割かなくてはなりません。この作業を定期的に短いスパンで継続していくと、他の業務を圧迫する可能性が出てきます。

これらを外注化することで、社員のタスクを圧迫することなく、多くのプロジェクトを並行して進行させて、業務改善につなげることができます。

コンテンツマーケティングを外注する前に

コンテンツマーケティングを外注化する際には、闇雲にクラウドソーシングサイトや、知り合いのフリーランスに頼ることはおすすめできません。実際に外注化する業務の範囲や期間、コンテンツの方向性などを事前によく策定しておかなくては、十分な成果を得られないまま頓挫してしまうこともありえます。

BPOに発注する作業を選定する

一口にコンテンツの外注化といっても、そのすべてを外注化するわけにはいきません。すべてを外注先に任せてしまうと、希望とはかけ離れた内容のコンテンツが納品されてしまうことは想像に難くありません。

また、自社で可能な作業まで外注してしまうと、コストがかかりすぎてしまうことになります。コンテンツマーケティングは、主にコンテンツの設計・作成、SEO、アクセス解析などの業務に分化されますから、自社でまかなえない部分はどこなのか、外注すべき部分はどこなのかをあらかじめ選定しておくことが重要です。

結果が出るまで時間がかかることを想定して戦略立てする

コンテンツマーケティングは、公開したコンテンツのPV数・トランザクションの増加、最終的な見込み客の顧客化をもって成功だといえます。顧客は専門性があり、権威があると判断できる情報源を求めています。信頼されるコンテンツを作り上げるには、長期的なスパンで戦略を立てなくてはなりません。

コンテンツの方向性を明確化したうえで発注する

先述のように、コンテンツマーケティングの成功のカギとなるコンテンツの専門性・権威性を高めるにはプロジェクト全体の方向性を明確化しておかなくてはなりません。有用なコンテンツといっても、統一性のない情報を雑多に集めただけでは顧客の獲得機会を逃してしまいます。ターゲット層、記事のジャンル、レギュレーション、全体のコンテンツ数など、細かい部分まで想定する必要があります。

複数の外注先を比較する

外注には、クラウドソーシングサイトを経由したり、人脈を駆使して直接フリーランスのライターに依頼をしたりする方法と、コンテンツマーケティングサービスを提供している企業に依頼する方法の2種類があります。どのライター・企業に依頼をするか、複数の選択肢から最適な外注先を選ぶことが収益の増加を効率化します。比較の際に注目するべきは以下のポイントです。

・費用
・納期
・規模(可能稼働時間)
・実績・経験
・コンテンツ作成の能力

全体の傾向として、費用はフリーランスのほうが安く済む場合が多いですが、コンテンツの質・安定性については規模の大きい企業依頼のほうが安心です。しかし、信頼できるフリーランスのライターに出会えた場合などは、全体的にフリーランスに優位性があることになります。

コンテンツマーケティングの外注費用はさまざまな要因で変化する

コンテンツ作成を外注する際の費用に一律の基準はありません。依頼内容の専門性や工数、ライターのレベルなどにより、数千円~数万円の範囲で大きく変化します。企業の場合は大まかにメニューとして規定しているケースもありますが、フリーランスのライターに依頼する場合は、明確な基準がない状態ですり合わせなくてはいけないため、繊細な調整が必要です。

最低本数や契約期間がある場合も

コンテンツマーケティングは成果の確認まで長期間かかることも少なくありません。また、コンテンツの統一性を守るためにも、外注先との長期的な付き合いが必要です。そのため、外注先に発注する際は、1回に複数本を定期的に依頼する、契約期間を設ける場合はあまり短期更新の形式を取らない、などの工夫が必要です。

まとめ

コンテンツマーケティングを外注化することによって得られるメリットは以下の3つです。

・専門性のあるコンテンツを定期的に発信していくことができる
・専任の分門の設立・雇用の必要がなくコストを削減できる
・労働力のリソースが確保され、社内業務が効率化される

しかし、外注化する際にはコンテンツをどのようにブランディングしていくのか、どの範囲までを外注化し、どこまでを社内で受け持つのかなどをあらかじめ策定しておかなくてはなりません。また、外注先によって受けられる範囲、かかる費用にも違いがあるため、複数の選択肢からの比較も必要です。

CONTACT

生産性・業務改善でお困りなら
ネオキャリアにご相談ください!

03-5908-8447

受付時間 9:30 ~ 18:30(土日祝日、当社休業日を除く)