【2021年最新】スカウト代行サービス10選|料金や導入成功事例、選定のポイントも紹介

【2021年最新】スカウト代行サービス10選|料金や導入成功事例、選定のポイントも紹介

最終更新日 2021.09.30

採用活動、特にダイレクトリクルーティングを行う際に「スカウトメール」は重要な業務であると同時に、工数がかかってしまい対応しきれていないという企業も多いのではないでしょうか。
また、とにかく数を送ることに精いっぱいで、スカウトメールの内容を改善できず成果が出ていない、というのもよくある課題です。

そんな課題を解決するのが「スカウト代行サービス」です。
本記事では、「スカウト代行サービス」の導入成功事例や依頼できる業務、料金体系、代行会社の特徴などをご紹介します。

この記事を読めばスカウト代行の全体像が分かりますので、サービスを検討する際のご参考にしてください。

目次

スカウト代行サービスとは?

スカウト代行とは、スカウトメールの配信を外部企業が代行してくれるサービスです。
企業自ら、応募してほしい人材に直接スカウトメールを送ることで応募率を高めるダイレクトリクルーティングは効果的な採用手法ですが、採用担当者が毎日スカウトメールを配信するのは多大な工数がかかります。
そのため、スカウト代行サービスの利用を検討する企業が増えてきています。

スカウト代行が注目されている背景

スカウト代行が注目されるようになった背景には、売り手市場の加速があげられます。
新卒採用市場を例にあげると、リクルートワークス研究所が2021年4月に発表した調査では、2022年卒の大卒求人倍率は1.50倍。コロナ禍の影響を受けてもなお売り手市場であることがわかります。

従来の求人広告や人材紹介だけでは人材確保が難しくなってきており、中途はもちろん新卒も積極的な攻めの採用活動を始める企業が増えたことにより、スカウト代行の需要も高まっているのです。

スカウト代行の導入成功事例

実際にスカウト代行を導入した企業の成功事例をご紹介します。
なお、以下の事例はスカウトメールの代行だけではなく、採用活動の支援も含めたものとなります。

事例1:ノウハウゼロからエンジニア12名の採用に成功

業種:IT
従業員数:約25名

課題  導入後の効果

・採用担当はおらず代表とCTOが採用業務を行っていた
・人手不足で媒体運用まで手が回らない
・エンジニア採用の最適な方法がわからなかった

・会社の想いを伝えることで優秀な人材からのスカウトメール返信率がUP
・スキルや経験といった要件に加えて価値観が一致する方を採用できた
・エンジニア経験者12名もの採用につながった

実施内容

・エンジニア採用に強い採用媒体を提案した
・「ミッション・ビジョン・バリュー」を求人原稿・スカウト文面に反映し、スカウト配信を行った
・良い方から返信が来たら 半日以内に面談調整を実施した

事例2:エージェント依存から脱却。採用コストの大幅削減に成功

業種:IT
従業員数:約250名

課題  導入後の効果
・採用担当は人事労務全般を担当しており面接は現場社員に任せていた
・面接を担当する社員の評価基準にバラツキがあった
・数拠点があり採用オペレーションが煩雑で見直ししたいと考えていた
・自己応募・スカウト経由での応募比率が50%以上に
・オペレーションの改善で効率化を実現
・エージェント依存から脱却し、大幅コスト削減に成功

実施内容

・一緒にオペレーションの見直し・再構築を実施
・スカウト配信では、アクティブユーザーを抽出して配信
・応募率や面談設定率などの数字を分析し、日々改善を図った

事例3:スカウト返信率が10倍に。2ヶ月目から即戦力採用に成功

業種:情報・通信業
従業員数:約200名

課題  導入後
・採用担当は他業務との兼務で採用活動に注力できていなかった
・ダイレクトリクルーティング媒体を導入済だったが活用できていなかった
・採用基準が高く、人材紹介経由では良い人材に出会えていなかった
・開始月からスカウト返信率が10倍にUP
・カジュアル面談のアドバイスなどで社員間のコミュニケーションも活性化
・面談で会ってみると良い人材が多く、2ヶ月目から続々と即戦力2名採用

実施内容

・スカウト配信とカジュアル面談を組み合わせた施策を実施
・書類選考の基準とスカウト配信基準を変え、より多くの候補者とのマッチングを実現

スカウト代行サービスで依頼できること

導入成功事例でもご紹介したとおり、スカウト代行といっても対応範囲は代行会社によって異なります。どんな業務が依頼できるのかをご紹介します。

1.戦略立案

主に採用するポジションの選定、KPIや選考フローの設計などを指します。ダイレクトリクルーティングを始めたもののノウハウがないという企業は、こうした戦略立案から依頼できる代行会社を選ぶと良いでしょう。

2.候補者のピックアップ

就活サイトや転職サイトに登録されている人材データベースから、企業の求める条件にマッチする人材を選定してくれます。膨大な候補者の中から選定する手間と時間を省くことができます。

3.媒体選定

企業の課題に合わせた適切なスカウト媒体を選定してくれます。契約してみたはいいものの、検索してみると採用したい候補者が全然いなかったということが良くあるため、媒体選定は重要になります。

4.スカウト文面作成・送信

スカウト文面の作成・送信を行ってくれます。スカウトには3種類あり、それぞれ目的が異なります。募集したい職種や選定した媒体の特徴に合った効果的な文面を作成してくれます。

<一斉送信型>

目的:母集団形成

自社にマッチする人材に対して、同じ文面でスカウトメールを一斉送信します。
少ない送信回数でより多くの応募者を集めることが可能となります。

<応募促進型>

目的:応募の可能性を高める

WEB上履歴書の情報が自社の条件と完全一致はしていなくても、魅力的な人材に対してスカウトメールを送信します。
例えば、希望年収や勤務地で相違があったとしても、自社のアピールを行うことで応募の可能性を高めることができます。

<ヘッドハンティング型>

目的:ピンポイントで精度の高い採用を行う

すぐにでも会いたいという候補者へ、個別に送信します。書類選考が免除されるなどのメリットを提示することで、優秀人材にも興味を持ってもらいやすくなります。

5.日程調整

候補者から返信がきた場合の日程調整を行ってくれます。依頼できる範囲は代行会社によって異なりますが、基本的には初回の面談のセッティングまでで、二次面接や最終面接、オファー面談はオプションとなる場合が多いです。

6.振り返り

返信率や面談設定率を分析し、KPIの振り返りを行ってくれます。
採用するポジション数や利用媒体が多いと集計作業も工数がかかるため、採用担当者にとっては嬉しい点ではないでしょうか。レポート作成も行ってくれるため採用活動の可視化もできます。

スカウト代行サービスの料金体系

幅広い業務を依頼できるスカウト代行ですが、どのような料金プランがあるのでしょうか。
料金体系は大きく分けて月額制と従量課金制の2パターンがあります。

1.月額制

毎月一定の利用費がかかるプランです。スカウト配信数によって変動することがないため、予算を管理しやすいのがメリットと言えます。

費用相場:月3万円~

2.従量課金制

スカウト配信数に応じて金額が加算されていくプランです。配信数が多くない企業であれば月額制よりも安く抑えることも可能です。

費用相場:メール1通につき1,000円~1,500円

代行会社によって金額設定は異なります。また、採用アウトソーシングの一部としてスカウト配信を行うのか、ダイレクトリクルーティングのみで行うのかによっても違ってきます。事前に複数の会社を比較するようにしましょう。

スカウト代行会社の種類

スカウト代行を提供する会社にもさまざまな特徴があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

1.スカウト代行も対応している採用代行会社

採用代行会社が、サービスの一部としてスカウト代行も担っているケースです。

メリット

スカウト代行だけでなく求人媒体や人材紹介など、さまざまな方法で採用目標数の実現のために試行錯誤してもらえる点がメリットです。

デメリット

採用全体の戦略策定や実施は自社でできており、あくまでスカウトメール代行だけを依頼したい場合には費用や実施範囲がトゥーマッチになってしまう可能性があります。

 2.ダイレクトリクルーティング特化型

ダイレクトリクルーティングに特化したサービスを提供しているケースです。

メリット

スカウトに関する深いノウハウや知見をもっているため、ダイレクトリクルーティングの効果を上げやすいのがメリットです。さらにスカウト関連業務のみを依頼するので、料金的にも安く抑えられる場合が多いです。

デメリット

ダイレクトリクルーティング以外の採用手法や採用ブランディングなど、まとめて外部に依頼したいという企業には向いていません。

3.企業に常駐する人材アサイン型

専門知識やノウハウをもった人材を派遣し、企業内に常駐して業務を遂行するケースです。

メリット

自社内にいるため、密にコミュニケーションを図りながら日々改善をスピーディーに行っていける点が大きなメリットです。代行会社との認識のズレが起こりづらくなり、採用する人材のミスマッチを防ぐことができます。

デメリット

アサインされた人材次第で成果が変動してしまう点です。日々のマネジメントは企業側が行う必要があるため、余計に工数がかかってしまうこともあります。

スカウト代行会社を選ぶ際の注意点

何を基準に代行会社を選べばいいのかわからないという方は、以下のポイントを重視しましょう。

1.柔軟性があるか

スカウト代行の中でも業務は状況に応じて枝分かれしていきます。自社の課題を把握した上で適切に対応してくれる会社なのか、そして急なフローの変更などが生じた場合に柔軟に対応してくれる会社かどうかは、重要なポイントです。

2.密な情報共有が可能か

ミスマッチを防いで採用成功させるためには、丸投げではなく密に情報共有や進捗確認をすることが重要です。この点に関して積極的な姿勢を示してくれる会社を選定すれば、より円滑に採用活動を進行させることが可能です。

3.実績があるか

自社の業種や職種に対して、きちんと成果を出した実績があるかどうかは重要な指標です。
HPを見れば導入実績が掲載されているので、確認するようにしましょう。掲載されていない場合は、確認を取ることをおすすめします。

スカウト代行サービス10選

ここからは、スカウトメール代行サービスを行っている会社を10社ご紹介します。
それぞれ強みが違いますので自社に合う会社を選ぶようにしてください。

1.エンジニアスカウト代行サービス【株式会社ネオキャリア】

ネオキャリアスカウト代行

種別

採用代行会社(人材アサインも対応可)

サービス概要

採用代行、スカウト代行、採用コンサルティングなど

特徴

・10,000社以上の採用支援実績を誇る
・エンジニアによるエンジニアスカウト代行で高い返信率
・スカウト代行はもちろん、戦略立案から改善までさまざまな業務をサポート
・24時間・土日・祝日対応可能で進捗報告などサポートも充実

料金

①シルバープラン(月間稼働80時間)
初期費用 15万円~
月23万円
最小契約期間 6ヶ月~

②ゴールドプラン(月間稼働80時間)
初期費用 15万円~
月25万円
最小契約期間 3ヶ月~

③プラチナプラン(月間稼働160時間)
初期費用 15万円~
月45万円
最小契約期間 3ヶ月~

所在地

東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階

URL https://www.neo-career.co.jp/service/engineerdr

2.ダイレクト採用支援サービス【株式会社ダイレクトソーシング】

株式会社ダイレクトソーシング

種別

ダイレクトリクルーティング特化型

サービス概要

ダイレクトリクルーティング支援全般

特徴

・LinkedInの正規代理店。100社を超えるLinkedIn運用実績
・ダイレクトリクルーティングに特化し、戦略立案から運用サポートまで幅広く対応
・LinkedInだけでなく多様なスカウト媒体に対応可能

料金

個別見積

所在地

東京都江東区青海2-7-4

URL https://directsourcing-lab.com/

3.doda Recruiters【パーソルキャリア株式会社】

doda Recruiters

種別

ダイレクトリクルーティング特化型

サービス概要

転職サイト「doda」をベースにしたダイレクト・ソーシング

特徴

・会員データベース約226万人に企業が直接アクセスしスカウト配信ができる
・最短1日のスピード面接設定が可能
・オプションとしてスカウト代行サービスも提供している

料金

①ライト
スカウト通数:400通
月額80万円

②スタンダード
スカウト通数:1000通
月額180万円

③プレミアム
スカウト通数:2000通
月額330万円

※メール送信できるのは求人広告の掲載期間中のみ

所在地

東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F

URL https://www.saiyo-doda.jp/service/recruiters

4.TARGET【Attack株式会社】

TARGET

種別

採用代行会社

サービス概要

人材紹介、ダイレクトリクルーティング支援など

特徴

・面接以外の採用業務をワンストップでサポート
・実務だけでなく、具体的な戦略立案も行う
・人材紹介からダイレクトリクルーティングまであらゆる採用チャネルに対応可能

料金

①ベーシックプラン
求人情報作成や日程調整など基本的な業務を請け負うプラン
月額40万円

②アドバンストプラン
ベーシックプランにスカウト(ダイレクトリクルーティング)を加えたプラン
月額50万円

③エンタープライズプラン
アドバンスプランに採用広報コンテンツとして原稿制作などを加えたプラン
月額70万円

所在地

東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階

URL https://www.attack-inc.co.jp/target-lp/

5.PRO SCOUT【株式会社VOLLECT】

PRO SCOUT

種別

ダイレクトリクルーティング特化型

サービス概要

ダイレクトリクルーティング支援

特徴

・戦略立案からスカウト送付、日程調整まで、スカウトに関して丸ごと依頼可能
・厳しい選考基準を満たした人事経験者がスカウト配信を担当
・各媒体・業界・職種に精通したチームを組成し配信を実施
・月10万円〜の良心的な価格設定

料金

①スカウト送付代行プラン
初期費用10万円
月100通10万円〜

②スカウト送付+日程調整代行プラン
初期費用10万円
月100通15万円〜

所在地

東京都品川区西五反田一丁目26番2号 五反田サンハイツ911

URL http://vollect.net/proscout/

6.CASTER BIZ recruiting【株式会社キャスター】

CASTER BIZ recruiting

種別

採用代行会社

サービス概要

オンラインアシスタントをはじめとした採用代行や各種ビジネス代行

特徴

・採用業務のプロ3名(リクルーター、アンカー、原稿担当)によるチーム体制で採用業務を主体的に推進
・採用戦略から母集団形成、エージェント対応、応募者対応など幅広く対応
・PREMIUMプランでは採用広報(記事執筆含む)にも対応

料金

①REGULAR
採用戦略立案・プランニング~応募者対応まで
月額38万円

②PREMIUM
REGULARの内容に採用広報がプラス
月額66万円

※どちらも契約期間は3か月~

所在地

宮崎県西都市鹿野田11365-1 神楽酒造内 アグリ館2階

URL https://recruiting.cast-er.com/

7.採用アウトソーシング・採用代行【株式会社キャリアマート】

株式会社キャリアマート

種別

採用代行会社

サービス概要

採用代行全般、人材紹介、採用コンサルティングなど

特徴

・様々な採用管理システムのアウトソーシング対応が強み
・採用数名の厳選採用から100名以上の大規模採用まで対応
・採用アウトソーシング15年以上のノウハウ。年間実績500社以上

料金

個別見積

所在地

東京都新宿区西新宿7-3-4 アソルティ西新宿ビル5階

URL https://www.careermart.co.jp/outsourcing-service/

8.人事プロ人材とのマッチングサービス【株式会社コーナー】

株式会社コーナー

種別

人事系人材マッチング会社

サービス概要

人事・採用関連の豊富な経験を持ったパートナーによる人事領域に特化した各種ビジネス代行

特徴

・人事・採用業務の経験者と企業のマッチングサービスが強み
・採用のみならず人事制度から労務、人材開発まで幅広い人事業務に対応可能

料金

ダイレクトリクルーティング(スカウトメール対応)
週2日/月額15万円

所在地

東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 岡田ビル6F

URL https://pws.corner-inc.co.jp/service-company

9.ベンチャー向け採用代行サービス・まるごと人事【株式会社ビーグローバル】

株式会社ビーグローバル

種別

採用代行会社

サービス概要

採用代行全般

特徴

・社員規模20~150人のベンチャー/中小企業の採用支援が強み
・面接以外の採用業務をワンストップでサポート
・最低契約期間は1ヶ月。新卒採用など忙しい時期のみ利用することも可能

料金

初期費用:10万円
月額:35万円

所在地

東京都中央区日本橋3丁目2番14号 新槇町ビル別館第1二階

URL https://beglobal.co.jp/

10.プロリク【株式会社プロリク】

株式会社プロリク

種別

採用代行会社

サービス概要

採用代行全般

特徴

・エンジニア特化の採用代行
・エンジニアに刺さるスカウトメール代行に強み
・採用戦略の設計も実施

料金

個別見積

所在地

東京都港区赤坂1丁目3番5号
赤坂アビタシオンビル3階

URL https://company.prorec.biz/

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はスカウト代行についてご紹介しました。
スカウト代行サービスを利用することで、無駄を省いて効率的に採用を行うことができます。
ぜひ本記事を参考に、代行会社の得意分野やサービス提供範囲、コミュニケーション方法などをしっかりと見極め、自社にあったスカウト代行選びをしてください。

RELATED

関連記事

  • 採用代行とは?サービス内容や採用をアウトソーシングするメリットを紹介

  • 内定承諾率アップにつながる!採用業務を効率化する4つの方法

  • 人材は採用代行(RPO)で獲得する時代!採用代行サービス厳選7社徹底比較

  • 人事の業務をアウトソーシングするメリットとデメリットを解説!

  • ネオキャリアの採用代行(RPO)の導入事例

CONTACT

業務のリソース不足、ノウハウ不足でお困りなら
「ネオキャリアBPOサービス」にご相談ください!

03-5908-8447

受付時間 9:30 ~ 18:30(土日祝日、当社休業日を除く)